キャリアプランを考える 介護の仕事で将来を考えた選択を

生活相談員になってキャリアアップ

介護の分野では、キャリアアップして新しい仕事へ就くことができます。たとえはじめはキャリアに関心はなくとも、どのような職業の選択肢があるのか知り、試しにキャリアプランを考えてみても損はありません。多くの場合、実際に介護の仕事をはじめてみると、もっとやりがいのある高度な仕事にステップアップしたいと考えるようになります。
例えば、介護のキャリアプランで目標にする仕事の一つに、生活相談員があります。生活相談員は、介護施設の利用者やその家族からの相談を受ける役割です。また、介護が必要な人の利用手続きを行ったり、介護関係者の連絡や調整役を担う仕事も行います。介護サービスが円滑に機能しているのも、生活相談員の存在が大きく影響しているのです。生活相談員になると収入が増えて生活の安定に期待できるため、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。
生活相談員にキャリアアップするためには、例えば社会福祉士や精神保健福祉士・社会福祉主事任用資格などの資格条件を満たす必要があります。一方で、自治体によっては介護福祉士でも一定の条件を満たしていれば、生活相談員になれることもあるようです。各自治体によって定められた条件は異なるものの、多くの場合には介護福祉士として働き一定年数以上の実務経験を持っていれば、生活相談員になれます。
すでに介護の仕事に従事し、ある程度の実績のある介護福祉士であれば、生活相談員へのキャリアアップを果たせる可能性は高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です