キャリアプランを考える 介護の仕事で将来を考えた選択を

将来を考えたキャリアプラン

介護業界の人材が不足している日本では、介護士の需要が高いです。無資格でも介護士になることはできますが、介護職員初任者研修を受講しておくと、より需要は高まるでしょう。介護職員初任者研修は年齢や性別を問わず受講することができ、受講していれば働き口もたくさんあります。介護士としての実務経験を3年以上積めば、国家資格である介護福祉士の資格を取得する道もひらけるのです。
介護士として働き続けるのであれば、将来を考えたキャリアプランをたてるのも重要といえます。介護福祉士以外にも、介護士としてキャリアアップできる職種はいくつかあるようです。ケアマネージャー・訪問介護事業者・施設での介護長もしくは施設長などがあります。自分の頑張り次第で、給料アップに繋げることもできるでしょう。介護職は、医療とも連携して入所者の日常の援助をします。そのため、看護師やリハビリ系に興味を持ったのであれば、専門学校に入学するという手もあるのです。奨学金制度もあるので介護職以外の道をも目指すこともできます。看護師・リハビリ系の職種でも、介護士としての経験は役にたつでしょう。
介護士として働く人は、将来自分がどういった仕事がしたいかについて考えてみることです。人の上にたって働きたいと思うのであれば介護長や施設長・要介護者の近くでお世話がしたいと思うであればケアマネージャーや介護福祉士というように、将来を考えた目標設定が必要となります。介護士として働きながら、自分はどんな仕事がしたいのか・どんな仕事が向いているのか考えてみましょう。
もっと詳しく⇒⇒⇒http://future-careerplan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です