キャリアプランを考える 介護の仕事で将来を考えた選択を

介護施設内でリーダーになる

高い能力を活かしてやりがいのある仕事に就くためには、キャリアプランを設計するのが適しています。初心者がいきなり上位の仕事に挑戦するのは、結構難しいものです。そのため、一般的にはいくつかの段階を踏みながら上位の仕事を目指すことになるでしょう。
介護の仕事でも、まずは介護福祉士など資格取得が比較的しやすい職業からスタートし、上位の仕事を目指します。キャリアプランを立てる際は、ケアマネージャーや生活相談員の専門職を目標とする人が多いです。しかし、その他にも介護施設内でリーダー的存在になれる仕事があります。介護施設で働いているのであれば、介護リーダーや介護長、あるいは施設長へキャリアアップする方法があるようです。介護施設では数多くの職員が働いており、スタッフをまとめる役割を持ったリーダー的存在が不可欠です。介護リーダーは、10人以下のスタッフを束ねる代表の役割を、施設内で果たしています。さらに、その上には介護長がおり、施設全体の業務を統括する仕事を担っているのが特徴です。介護施設で最高位のポストに当たるのが、施設長です。このキャリアに就くためには、介護リーダーや介護長のキャリアのステップを経て、長い実務経験が求められます。
このような介護施設でのキャリアプランでは、上位のキャリアほどポストの数が少ないことから、ステップアップは容易ではありません。それでも上位のキャリアに就けるようになれば、収入が安定するだけでなく重要性の高い仕事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です